タイ国際航空、1月16日から成田/バンコク線にA380型を投入へ

タイ国際航空は2012年9月27日、同社初のA380型、機体番号(レジ)「HS-TUA」を受領する予定です。12月に予定されている2機目の導入でバンコク/フランクフルト線に就航。2013年にはバンコク発着で成田線、パリ線に投入します。初号機は9月27日に受け取るそうで、エコノミー435席、ビジネス(ロイヤルシルク)60席、ファースト(ロイヤルファースト)12席の計507席という仕様になっています。2013年末までにはさらに5機の導入を予定しています。

このうち、成田線は2013年1月16日から、成田発TG677便、バンコク発TG676便で導入されます。すでにタイ国際航空の上部サイトでは予約も開始しています。

現在発表されているフライトスケジュール(2013年1月16日~3月30日)は下記のとおりです。
バンコク⇔成田
TG676 バンコク発08:00 成田着15:50
TG677 成田発17:30 バンコク着22:30

タイ航空のA380型の導入は9社目。現在は、エールフランス、中国南方航空、エミレーツ航空、大韓航空、ルフトハンザ、マレーシア航空、カンタス航空、シンガポール航空がA380型を運航しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です