マレーシア航空が関空−コタキナバル線を再開

マレーシア航空がボルネオ島のコタキナバルと関西国際空港を結ぶ直行便の運航を2012年12月20日から再開します。運航は月曜日と木曜日の週2便で、機材はB737-800型機を使用します。

以前はコタキナバル国際空港と羽田、関空間の直行便を運航していましたが、マレーシア航空の経営再建と不採算路線の見直しにより、2012年1月をもってすべて運休となっていました。ぜひ羽田線の再開も期待したいところです。

現在発表されているフライトスケジュール:
MH55 15:05 関西発 – 19:45 コタキナバル着(月・木曜日)
MH54 08:15 コタキナバル発 – 14:05 関西着(月・木曜日)

詳しい情報は航空会社ホームページでご確認下さい。
マレーシア航空

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です