シンガポールのLCC、スクートが10月29日より成田就航

シンガポール航空(SQ)が100%出資する格安航空会社(LCC)の「スクート(Scoot)」は10月29日より成田―台北―シンガポール線に就航すること正式表明し、時刻表や運賃も発表しました。台北―シンガポール区間については、既に先月18日より運航されていますが、昨日、国土交通省からの経営許可が下りたことを受け、成田―シンガポール区間についても、航空券販売が開始されました。
1日1便のデイリー運行で、使用機材はボーイング777-200(プレミアクラス32席、エコノミークラス370席)となります。主に180人乗り程度の小型機で短距離路線を飛ぶ他のLCCとの差別化を図るため、長距離飛行が可能な大型機を使用しているのが特徴です。

現在発表されているフライトスケジュール:
TZ201 11:50 成田発 – 14:35 台北着 15:45 台北発 – 20:10 シンガポール着
TZ202 00:55 シンガポール発 – 05:40台北着 06:50 台北発 – 10:40 成田着

就航記念運賃のチケットは、成田―台北間は片道9,540円〜、成田―シンガポール間は片道14,780円〜などとなっています。
東京が加わることで、スクートの就航先はシンガポール、ゴールドコースト、シドニー、バンコク、天津、台北とあわせ合計7ヶ所になります。また同社は、来月27日にからは中国の瀋陽と青島にも新規就航する計画です。

予約は公式HPよりどうぞ
スクート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です