飛行機で生き残る確率が最も高い座席がどこか、ついに判明!?

米ディスカバリーチャンネルが航空機の安全性を高めることを目的にボーイング727を買い取り、メキシコの砂漠に墜落させる実験を行ったそうです。ちなみにこちらの実験は4年の歳月と数億円の費用がかかっているそうです。さすがアメリカ、スケールが大き過ぎます。

今回の実験でわかったことは、最も死亡する確率が高いのは機首部分で、逆に生き残る可能性が高いのは最後列から5列目までの非常付近です。墜落時は航空会社が推奨している通り両手で頭を抱えるようにして前屈みになるのが一番良く、小さな子供については、親が抱っこしている状態が特に危険なのだそうです。

ただし、この実験はあくまでもボーイング727に限ったことですのでご注意を。ボーイング727はエンジンが翼下になく、機体後方にあるので、中央部分はほぼそのままの形状を維持していますが、ボーイングやエアバスの多くの機体は翼下にエンジンを搭載しています。そのため、墜落場所が地上、水上を問わずエンジンのある機体中央部分にストレスが加わり、今回の実験とは全く異なる結果になります。

参考: The Best Seat on the Boeing-727 (10 pics + 1 video) – Izismile.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です