H.I.S.、タイのバンコクに国際チャーター専門の航空会社を設立

 旅行会社のエイチ・アイ・エス(H.I.S.)は本日12月4日に、タイにチャーター便専門の航空会社を設立すると発表しました。

 益々成長を続けるアジア地域の旅行需要の増加を見越して、東南アジアのハブであり効率のよいタイのバンコクを拠点にし、主にレギュラーチャーターの運航を行う国際チャーター専門の航空会社となるようです。新会社の名称は「アジアパシフィックエアラインズ」で、就航開始は2013年夏〜の予定です。※後日、「アジア・アトランティック・エアラインズ(Asia Atlantic Airlines)」に名称変更されました。

設立する子会社の概要
名称: Asia Atlantic Airlines Co.,Ltd.(アジアアトランティックエアラインズ株式会社)
所在地: タイ王国バンコク市
代表者の氏名: Haque Azadul(ハック アザドゥル)
事業内容: 航空運送事業
資本金: 5億4,000万タイバーツ
設立年月日: 平成24年12月中(基本定款の登記は平成24年12月4日)
決算期: 7月
株主構成: 株式会社エイチ・アイ・エス(49.0%)
      H.I.S. TOURS CO., LTD.(39.0%)←H.I.S.のタイ現地法人
      Mr.Panlert Baiyoke(12.0%)←高さ304mあるバンコク一の高層ホテルの経営者、バイヨーク氏

H.I.S.コーポレートページ

 H.I.S.は、2011年にはタイのチャーター便専門の航空会社のビシネスエアーを、今年の夏にはジェットアジアエアウェイズを利用して日本とバンコクを結ぶチャーター便を運航するなど、以前からタイのチャーター便に力を入れてきました。今回タイに子会社設立に至ったということは、競争力確保ができると踏んでのことなのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です