マレーシアのLCC、マリンド・エアウェイズが3月22日より運航開始

malindoair

 マレーシアの新しい格安航空会社(LCC)のマリンド・エアウェイズは、2013年3月22日よりクアラルンプール – クチン線、翌3月23日にはクアラルンプール – コタキナバル線の運航を開始します。

 マリンド・エアウェイズはマレーシアの航空産業の国策企業であるナショナル・エアロスペース・アンド・ディフェンス・インダストリーズ(NADI)やインドネシアのPTライオン・グループなどの出資により設立された航空会社です。当面はマレーシアとインドネシアの間の路線を運航し、今後はサバ・サラワク向けなどのマレーシア国内路線やマニラ、バンコク、ハノイなど域内都市向けの路線にも参入する方針のようです。

 運行情報の詳細はマリンド・エアウェイズ(Malindo Airways)公式サイトをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です