デルタ航空CEO、「日本の拠点空港を成田から羽田へ」検討

delta-airlines-logo

 米デルタ航空の最高経営責任者(CEO)リチャード・アンダーソン氏が来日し7月31日に都内で記者会見を行い、日本国内の拠点となる空港を「成田から羽田に移す用意がある。都心に近い空港の方が便利なのは明らか」と話しています。

Delta CEO Richard Anderson criticizes Japanese government’s protection of domestic carriers

 国土交通省は来年の夏ダイヤで、羽田空港の昼間の時間帯の国際線発着枠を3万回増やすことで各国当局と調整を進めています。これは1日あたり約40便の増加となり、国内航空会社と海外航空会社とで20便ずつ割り当てる方針です。

 アンダーソンCEOは現在の国際線発着枠の割り当てについて「日系航空会社が優遇され、同社を含む外国航空会社が成田空港での運航を余儀なくされている」と不満を述べていて、羽田で将来的にオープンスカイが実現し、デルタ航空が1日25便の国際線発着枠を確保できれば、現在の成田空港のアジア太平洋地域の運航ハブ機能を全面的に戻したいとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です