ガルーダ・インドネシア航空、関空-ジャカルタ線を再就航 6年ぶり

Garuda Indonesia Airbus A330-200; PK-GPM@SYD;06.07.2012/661ai

 ガルーダ・インドネシア航空(GIA)は8月1日、関西-ジャカルタ線を2013年11月8日から就航すると発表しています。(政府認可取得が条件)同社の関空発着路線はバリ・デンパサール線についで2路線目で、2007年の路線廃止以来、6年ぶりの就航となります。

 使用機材はエアバスA330-200(ビジネス36席、エコノミー186席)。週4往復(月・水・金・日)で運航します。同路線の就航で、日本とインドネシアを結ぶ路線は従来の週28往復から週32往復に増加することになります。

運航スケジュール
GA889 関西(12:00発) → ジャカルタ(17:05着) 運航日:月・水・金・日
GA888 ジャカルタ(01:00発) → 関空(09:55着) 運航日:月・水・金・日

11月8日(金)より「大阪-ジャカルタ路線」就航を決定(政府認可取得を条件とする)-ガルーダ・インドネシア航空

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です